卵殻膜化粧品 La Dina(ラディーナ)トップ > アルマードラディーナとは

すべての女性が美しく輝くために、アルマード ラ ディーナは誕生しました

探し求めた「本物」と感じた成分─。それが卵殻膜でした。

「外から栄養を摂ることができないヒヨコが、卵の殻を破って元気に生まれてくるのはなぜだろう?」卵殻膜のパイオニア(株)アルマード 会長 長谷部氏が幼い頃から思い続けたそんな小さな疑問から卵殻膜研究が始まりました。
卵殻膜は、日本や中国で古くから、手当てに使われるなど民間療法として良く知られていました。しかし、卵殻膜が熱に強く、水や油にも溶けないという難しい特性を持つ為、多くの研究者が商品化に取り組んできましたが、この壁を乗り越えることができませんでした。
しかし、長谷部氏は、卵殻膜のもつ機能を保ちながら、商品化することに挑み続けました。長期にわたる研究の道のりは、努力と挑戦でしたが、研究者たちの熱意に支えられ、商品開発を実現させました。
また、東京大学との共同研究を進めている中で、卵殻膜の肌への効果は学会などで次々と明らかになっています。
セシールは、この卵殻膜の歴史、研究内容、機能に着目し何とかしてこの卵殻膜の素晴らしさを多くの女性に実感してほしい。そんな想いをもって、長谷部氏の元を訪れました。そこから、長谷部氏と共に、試作を重ね、ついに〈アルマード ラ ディーナ〉が誕生したのです。

株式会社ディノス・セシール アルマード ラ ディーナ エグゼクティブプロデューサー 泉 奈越子

株式会社ディノス・セシール
アルマード ラ ディーナ
エグゼクティブプロデューサー
泉 奈越子

アルマード ラ ディーナ 商品へのこだわり

こだわり1.
全方向から肌悩みをトータルケア
年齢とともに増えてくる様々な肌の悩みは人それぞれ。アルマード ラ ディーナは全てに卵殻膜を配合し、全方向から肌の悩みにアプローチします。
こだわり2.
24時間スキンケア
アルマード ラ ディーナが追求したのは、「肌そのものを若々しく美しくすること」。朝晩のお手入れの「スキンケア」だけでなく、日中も含めて24時間健やかな肌を保つために、スキンケア発想の「メイクアップ」も開発しました。
こだわり3.
肌に不必要なものは配合しない
毎日お使いいただくものだから、「肌に本当に必要なのか」という視点から配合成分を検討。スキンケアには鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール、パラベンは配合していません。

アルマードラディーナとは ページトップへ